ホーム > 出来事 > 妊娠中に葉酸という栄養素を摂取する量が少なかった場

妊娠中に葉酸という栄養素を摂取する量が少なかった場

妊娠中に葉酸という栄養素を摂取する量が少なかった場合、胎児の健康に影響は出る可能性があります葉酸はただビタミンなので、普通に食事をしていてもある程度摂ることが可能ですが、妊娠初期には特に赤ちゃんの脳や神経の形成に大変重要な働きをする成分です。したがって、妊娠中に葉酸を十分にとることが重要なのです。


妊娠する中でも、体質改善のために、妊娠しやすい体に根本から変えていく漢方治療はとても効果のある治療だといえます。



病院で医師に処方箋を出してもらえば保険の適用内なので、わりと安価で続けやすいのも特徴です。

女性のみならず男性不妊にも効果的だとされており、夫婦そろって飲むのもおすすめです。

赤ちゃんが欲しいと思った段階から葉酸は妊娠の初期にかけて摂るようにする事が理想とされており、お腹の赤ちゃんの先天性奇形を防ぐ効果があります。妊娠3ヵ月頃までは特に、葉酸が多く含まれている食品やサプリメントなどから意識的に食事などから摂取するようにする事がポイントです。



大事なポイントなんですが、葉酸の選択の仕方は胎児への与える影響を考えるとなるべく添加されたものが少なくしてある物を選ぶのがオススメです。また、どんな場所で作成されているのか、放射能の試験はされているのかなど製造の仕方にも目を配って選ぶのが必要不可欠です。

私自身、毎日葉酸のサプリメントを飲み続けています。飲み方は決して難しくありません。多めのお水と一緒に飲みやすい大きさのサプリを飲むだけで終しまいです。飲み辛く感じるようなニオイもありませんし、忘れてしまわないように気をつければいいのが気に入っています。

私は葉酸を飲んでいるのは、赤ちゃんのためなのはもちろんですが、私自身の体にも良い影響があるということなので、今後も継続して飲んでいくつもりです。葉酸は妊娠初期だけ必要と考えられますが、、必ずしもそうではありません。
妊娠中期~後期に渡ってもお腹の胎児の発育を助けたり、悪性貧血から母子を守ったり、妊娠高血圧症候群を予防する効果があるなど妊婦には必要不可欠な役目をするのです。授乳を終えるまでは、続けて葉酸を摂りましょう。病院などでも妊娠初期段階において特に摂取を推奨される葉酸。ですが、この時期は胎児の成長(細胞分裂)が活発に行われている時期であるため、欠かせません。不足すると胎児の背骨の形に異常が出てしまう二分脊椎など胎児が発育するのに大きな影響を与えるかもしれません。



1日の摂取量はおよそ400ugと言われています。


不妊症の起こり の1つとして内臓、血行の悪さからくる冷え性があります。


そこで、冷え性を根治する為に、食事療法を取り入れるというのが重要になるのではないかと感じます。

体を中心から暖かくする生姜や根菜などをとにかく意識的に食生活の中に組み入れて体を冷やす原因となる食品を回避する事も妊娠するための、体質改善への軌跡でしょう。

私は今、病院で、不妊治療を受けています。


だけど、それがとてもストレスになってしまっています。

こうまでしないと、子供ができない事が私にはものすごいストレスなんです。
できれば、もう、全て投げ出してしまいたいです。それなのに、それが無理な事が、ストレスや精神的に追い詰められている理由だと思うんです。



産婦人科でも言われますが、葉酸は妊娠中のトラブルを防ぐために関係の深い成分で、とりあえず妊娠の初期の段階で摂る事が重要視されています。飲む時は妊娠をしたいと思ったら飲んだ方が良いです。事実、妊娠が発覚してからだと、すでに妊娠していると分からず遅いタイミングになってしまいます。妊娠を希望したら葉酸のサプリメントを飲むが良いです。

ベルタ 葉酸サプリ 購入店

関連記事

  1. 妊娠中に葉酸という栄養素を摂取する量が少なかった場

    妊娠中に葉酸という栄養素を摂取する量が少なかった場合、胎児の健康に影響は出る可能...

  2. 電通の旦那さんの稼ぎぶり

    大学の時の同級生、合コンで出会った人(国公立大学生)と付き合い、ついに二人は結婚...

  3. 精神的なタフさと肉体的な丈夫さが求められる条件

    対象者を待ち伏せたり追跡したりすることがあるので、肉体的に健康で丈夫である必要が...

  4. おこづかい帳

    おこづかい帳という無料アプリ(iPhone)を使用していました。確か、使ったもの...

  5. テスト

    テスト記事です。...