ホーム > 株式投資 > く考えて緩急

く考えて緩急

現実にPCの前に座って上がったり下がったりしているマーケットを見ると何となく売り買いをせずにはいられなくなるという欲求が生まれる場合も多かったりします。

 

でも、なんとなく衝動で注文するのだけは、決してしてはいけません。

 

確かに、外国為替相場は四六時中、いかなる時でもいずれかの国で外国為替相場が動いているしマーケットも休みなく、変動しています。

 

だからといって、何度も注文を重ねていると、それだけマイナスになるリスクが上がってしまいます。

 

当然、売り買いの数を積む事でだんだんと勝利する確率か五分五分に近づくのは事実です。

 

しかし「ぼんやりとした勘で取引」とは別の話です。

 

エントリー回数を増やす事の意味は自分自身が「ここで勝負」と思える勝機を持ったケースでの取引回数を重ねるという事を意味します。

 

格段の理由がなく、エントリーを積むのとは違います。

 

市場の勝負にi挑むには己でよく考えて緩急をつけることが肝心です。

 

「ここはいける」と考えた為替相場の時には迷うことなくポジションを積み増して、儲けを狙います。

 

「少し悩ましいマーケットで、どうなるか思いつかないな」と感じたならば、いっそのこと保持ポジションをひとつも残さないで閉じて黙っています。

 

それくらいのけじめをつけた方が最終的にはエントリーはうまくいきます。

 

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

 

実にその通り。

 

取引とはいつでも売買ポジションを所持する事が大事ではなくポジションを保有せずじっと見ていることもまた、取引です。

 

それならば、どういった時に、休むべきなのでしょうか。

 

第1に言われるのが先述の通り、これから先の相場展開が曖昧でよく見えない時。

 

どちらにいくのか決断できない時は、分からないまま行動すると、自分自身の考えた台本とは反対の方向に市場が動いてしまい損してしまいます。

 

だから、こういうケースではポジションを0にして、そのまま見ているだけが最良の選択です。

 

ふたつめは、あなたの体の調子がよくない時です。

 

体調と外国為替市場につながりがない感じる投資家もいるでしょうが関係がある。

 

体の具合がすぐれなければ、外国為替相場の決断しなければいけない状況で、落ち着いた判断が難しくなります。

 

関心がわかない時は、マーケットから目をそらす事も重要な事です。


関連記事

  1. く考えて緩急

    現実にPCの前に座って上がったり下がったりしているマーケットを見ると何となく売り...

  2. テスト

    テスト記事です。...